2014年1月1日水曜日

伊勢神宮(外宮・内宮) 参拝


伊勢神宮は本宮・別宮などを合わせた125社の総称です
正式名称は「神宮」です
通常は外宮→内宮の順に参拝します

外宮(豊受大神宮)


 主祭神は「豊受大御神 (とようけのおおみかみ)」

JR・近鉄伊勢市駅からは徒歩で真っ直ぐ 外宮参道を歩いて7分ほどです


表参道から正宮まではほぼ一直線です



遷宮直後の正宮に到着



写真撮影はここまで
皆さんマナーを守って下さいね



右隣には旧の正宮が
すべての扉が開かれており内部まで見ることが出来ました







外宮から内宮へはバスで移動 約20分です




内宮(皇大神宮)


 主祭神は「天照大御神(あまてらすおおみかみ) 」


内宮の入口 宇治橋
清らかな五十鈴川を渡って行きます



宇治橋を渡った右手に御手洗(みたらし)がありますが、
ここではその先にある五十鈴川御手洗でお清めをするのがおすすめです



五十鈴川御手洗のすぐ脇に「滝祭神」があります
「おとりつぎさん」とも呼ばれ、天照大神に願い事を取り次いでくれると言われています
正宮にお参りする前に必ず立ち寄って下さい
どこから来た何という者か丁寧にお伝えください



正宮前は大混雑です
急いでいる人は鳥居の両脇から入ると比較的早くお参りできます
ここは「日頃の感謝を伝える場所」です
個人的なお願いは裏にある「荒祭宮」で



右隣には旧正宮が
残念ながら中を見ることは出来ません



正宮裏北側にある「荒祭宮(あらまつりのみや)」
天照大神の荒魂が祀られていますので、
正宮参拝後にお参りをして下さい



荒祭宮も遷宮に合わせ
社殿が右側の土地に新造されました







【混雑を避ける裏技】


外宮からお参りするルールには反しますが、
近鉄五十鈴川駅で下車しバスで内宮に向かうと
混雑に巻き込まれず5分ほどで宇治橋前に到着します

帰りは駅の切符売り場が少ないためおすすめできません










0 件のコメント:

コメントを投稿